あたらしいKiCadをインストールしたものの、Cvpcbで引っ掛かり、貴重な休日を使い果たしてしまった挙句、「Cvpcb エラー」とかでググッて、ココにきた皆さん、こんにちは。

 そうですか、手こずりましたか。
 と言うか「ジェンキンスさんて誰?」って感じですよね。

 私もこんなかんじでした。

 そこで、手っ取り早く解決する方法を紹介します。

 まず、普通に起動してエラー画面をやり過ごしてください。
 そして、設定メニューの環境変数を確認します。

クリップボード02


 ココにGithubのパスが有ることを確認します。
 デフォルトの状態ですね。
クリップボード01


 次に設定メニュー内の「フットプリントライブラリ」を開きます。
 その中で、一覧の中からライブラリー全部削除します。
 「ライブラリを削除」ボタンを連打して、85個ほど有るライブラリをすべて削除します。

クリップボード03

 一覧が空っぽになったら「ウィザードを使用して追加」ボタンを押して、追加ウィーザードを使ってライブラリを追加し直します。
 ラジオボタンはGithubを選択します。
 ローカルに保存はしなくて良いと思います。

クリップボード06

 次のページで追加したいライブラリを選択しますが、ココは「すべて選択」で次いきます。
クリップボード07


 なにやら確認してくれてます。
クリップボード08










 で、確認済んだら次へ進めと言ってきます。
クリップボード09
「グローバルライブラリとして設定」選択してフィニッシュ!!します。

10



 コレで一回Cvpcbを再起動してみてください。
 たぶんエラーメッセージは出ない筈です。
 コレで思う存分キバンキバン出来ます。

 しかし、油断しないでください。
 この環境で作ったネットリストは、Githubがフォルダの整理統合をするとフットプリントライブラリが読めなくなり再びエラーが発生、コンポーネントとフットプリントのヒモ付けが、されなくなります。
 コレを防ぐために、ローカルにフットプリントを保管するクセをつけといたほうが良いようです。

 治んなかったらすんません。
 おこらないでください。